デコルテライン・胸元のニキビ・しこりの原因と治し方

デコルテライン・胸元のニキビ・しこりに悩まされているときにありがちなのが、急に大量にできてしまい、症状が悪化してしまうことです。

 

これはどのような理由によるものなのでしょうか。

 

デコルテライン・胸元のニキビ・しこりの原因は色々ありますが、ホルモンバランスの乱れも一つの原因です。

 

ホルモンのバランスが乱れると、デコルテライン・胸元のニキビ・しこりができるので注意しないといけません。

 

ホルモンバランスでデコルテライン・胸元のニキビ・しこりが増えるのは、性ホルモンのバランスが崩れるからです。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰分泌されやすくなることが原因です。

 

性ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンがありますが、アンドロステロンと言うホルモンがニキビに関係しています。男性ホルモンは皮脂の分泌を促進します。

 

生理の時期にホルモンのバランスが乱れてデコルテライン・胸元のニキビ・しこりができやすくなるのは、生理前には女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンの量が女性ホルモンより多くなるからです。

 

思春期ニキビの原因もホルモンと関係しています。思春期の時期は、身体が発達する時期なので、性ホルモンの分泌が急激に増えます。

 

男性は男性ホルモンが過剰に分泌されるので脂性肌になりやすく、デコルテライン・胸元のニキビ・しこりができやすくなります。

 

女性にも男性ホルモンが作られ、男性ホルモンには皮脂の分泌を促す種類があるので、ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が促進され、デコルテライン・胸元のニキビ・しこりができてしまいます。

 

デコルテライン・胸元のニキビ・しこりが悪化する原因としては、肌に雑菌が増えることで肌内部の炎症が激しくなることや、肌を洗いすぎることにより、肌のバリア機能などが衰えることによって、肌を守る力が減ることが影響していたり、食習慣の乱れや不規則な睡眠など、ライフスタイルの悪化によるものがあるようです。

 

肌は朝晩としっかり洗うことにより、肌の汚れを落として雑菌を取り除いて清潔な状態を保つことができますが、洗顔のときに洗浄力の強い洗顔料などを使うと、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあり、それによって肌のバリア機能などが衰えることでデコルテライン・胸元のニキビ・しこりが増えやすい状態が作られるようです。

 

ライフスタイルが影響しているデコルテライン・胸元のニキビ・しこりの場合には、それらが乱れている限りは常に再発してしまいやすい状態になっていて、肌がどんどん弱っていくため、それに反比例するようにデコルテライン・胸元のニキビ・しこりが増えていくと言われています。

 

これらを改善するためには食生活を整えたり、十分に睡眠時間を取るなど、生活習慣の見直しが必要です。

 

デコルテライン・胸元にできるニキビ・しこりは、他のデキモノとは違う理由でできることがあるようです。

 

たとえば虫歯ができているときに、虫歯によって膿がたまったりした時にその毒素を体外に排出しようとして、近い位置の肌からニキビの形で押し出そうとすることもあるようです。

 

他には、内蔵の状態が影響してデコルテライン・胸元にニキビ・しこりができることもあるようです。

 

体内の環境が悪化している場合、原因として体内に老廃物が溜まっていることが多いようです。

 

特に腸内に老廃物がたまってくると、それが毒素を発し、それが腸壁から体内に吸収されて、血管によって体中に運ばれるわけですが、それを身体が体外に排出しようとした結果、ニキビの形で出てくる事があるようです。

 

このような場合には、デコルテライン・胸元にできたニキビ・しこりを丁寧にケアしたとしても、体内の状況が変わっておらず、常に繰り返しできてしまう状態が保たれています。

 

そのため何度対策をしたとしても、繰り返すばかりで治らない状態が続いてしまうのです。

 

その場合には、腸内環境を整えたりして、体内に毒素が吸収されて体中をめぐる状態を防ぐことにより、デコルテライン・胸元にできるニキビを抑えることができるようです。

パルクレールジェル