良質な睡眠がニキビ改善のキモ!

睡眠が肌にいいと言われているのは、成長ホルモンが分泌されることで肌の状態が改善されるという理由があります。

 

特に22時から深夜2時の間はゴールデンタイムと言われており、美肌を目指すなら是非この時間帯には床に就いておきたいものです。

 

しかし忙しくてなかなか時間を確保できなかったりする場合は、睡眠の質を向上させることを考えましょう。意識しすぎると逆に睡眠の質が落ちてしまったり、不要なストレスを溜めてお肌に逆効果を与えてしまう場合があります。

 

大人になるとストレスに晒されやすくなります。無意識に緊張状態になってしまったり潜在的な不安などから寝付きにくい場合は、まずは体をリラックスさせてあげる必要があります。

 

一番簡単な方法は入浴の際、ぬるめのお湯につかりましょう。身体を温めることで自然と緊張状態が解けますし、眠りにつきやすい状態をつくることができます。

 

お湯をぬるめにすることで大体1時間くらいでその状態をつくることができので、忙しい人でも実践しやすい方法です。また寝る前に携帯電話など電子機器の光を避けましょう。

 

光の刺激が脳を興奮状態にしてしまうので、眠りにつきにくい原因と言われています。

 

寝る姿勢をつくることが大切なのです。

 

パルクレールジェル