生理・月経前症候群(PMS)の影響

大人ニキビの原因のひとつには、生理・月経前症候群(PMS)があります。

 

生理前だけ大人ニキビができたり、そのタイミングで急に肌が悪化する、という人は少なくありません。これにはちゃんと理由があって、生理前には、女性ホルモンの黄体ホルモンが増えるからです。

 

黄体ホルモンの影響でできる大人ニキビが、生理・月経前症候群(PMS)によるものです。生理の周期は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが関係していて、この二つのホルモンでコントロールされています。

 

大人ニキビの発生や悪化に関係しているは黄体ホルモンで、女性は排卵が起きると、卵胞ホルモンに代わり、黄体ホルモンの分泌量が急激に増えることになります。

 

生理になると、子宮内膜を厚くする作用のある黄体ホルモンの分泌が続くことになり、ホルモンバランスが崩れることになります。

 

それこそが大人ニキビの原因で、卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、一定の周期で分泌量を変えながら交互に分泌されています。

 

生理・月経前症候群(PMS)は、ホルモンバランスを崩す作用があるので、無排卵、不妊などのリスクが高まると同時に皮脂の分泌が増加し、大人ニキビの原因になってしまうのです。

パルクレールジェル