生理とホルモンバランスの関係

女性にとって、とても大切な生理。この生理前後には、さまざまな肌トラブルが起こることも多く、憂うつだと感じている人も多いですよね。

 

この時期に起こりやすい肌トラブルのひとつに、ニキビがあります。この生理前にできやすいニキビですが、実はホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスなどが崩れたことが原因であることも多いです。

 

女性は排卵や生理を堺に、黄体ホルモンの分泌が活発になったり、卵胞ホルモンの分泌が活発になったります。これは排卵後、妊娠した時に胎児を守るための現象です

 

ですが排卵後、黄体ホルモンの分泌が活発になると、実は精神的にイライラしやすいという状態になることがあります。ストレスが掛かり、自律神経が乱れてしまうのです。

 

その結果、ターンオーバーが乱れてしまったり、太りやすくなったり、皮脂が過剰に分泌されたりするんです。皮脂の過剰分泌が起こると、毛穴が詰まりやすくなります。

 

そしてこの皮脂を餌としてアクネ菌が繁殖し、ニキビの原因となってしまうんです。さらにターンオーバーも乱れがちになるために、ニキビができやすい環境が作られてしまうのです。

パルクレールジェル