乾燥肌の改善方法【ターンオーバーとセラミド】

ターンオーバー(新陳代謝)のリズムを改善する

 

乾燥肌は、老化現象のひとつです。だから老化を防ぐため、しっかり保湿していく必要があります。

 

肌が乾燥することは誰でもありますが、歳をとるにつれ乾燥がよりひどくなります。

 

常にターンオーバー(新陳代謝)により肌は生まれ変わっていて、下から新しい細胞が作られる仕組みになっています。肌はターンオーバー(新陳代謝)することで、常に細胞を入れ替えて、よりよい状態をキープしているのです。

 

ただ、加齢により体内の水分量が減ってくると、ターンオーバー(新陳代謝)のリズムが乱れてしまいます。その状態で乾燥肌になると、余分な角質が剥がれ落ちずに、からだに残ってしまうようになります。

 

その結果、次のターンオーバー(新陳代謝)を阻害してしまうことになるため、正しく保湿をして、正常な状態へと肌を導く必要があるのです。

 

「セラミド」でターンオーバー(新陳代謝)を整える保湿ケア!

 

乾燥が老化に影響されるのは、体内の「セラミド」という保湿のための物質が関係しています。

 

この「セラミド」の量で、肌荒れしてしまうか否かが決まります。

 

「セラミド」が充分にあれば肌は潤います。一方、「セラミド」が不足すれば乾燥状態になるのです。

 

実は、この「セラミド」の量は、年齢とともに減ってしまうのです。「セラミド」が不足してしまうことが原因で、加齢とともに肌荒れしやすくなり、どんどん老化していくわけです。

 

老化現象による体内の水分不足を防ぐには、外側からしっかり「セラミド」を補給することが大事です。「セラミド」でしっかり保湿をすれば、乱れているターンオーバー(新陳代謝)のリズムを整えることができます。

 

そのため保湿クリームを選ぶ時は、この「セラミド」が配合されているものがおすすめです。

パルクレールジェル