痛い・かゆい首にきびの治し方【痛み・痒みの原因】

痛み・痒みの原因

 

女性でも男性でも、首にきびで「痛い!」「かゆい!」などと悩んだことのある人もいるかもしれません。

 

基本的に首にできるにきびが「痛い」「かゆい」原因は、痒み物質「ヒスタミン」、そして「肌の乾燥と汚れ」であると言われています。

 

「ヒスタミン」は痒みを伝える物質です。そのため、ヒスタミンの分泌を抑えることで、痒みは改善されます。

 

しかし、「ヒスタミン」の分泌が抑えられずに痒みが増大すれば、無意識で引っ掻いてしまい、「痛み」の原因となってしまいます。さらには「首ににきび跡が残ってしまう」など、深刻なひどい事態につながってしまいかねません。

 

そのため、「痛い」「かゆい」からといって引っ掻かないように、意識的に注意する必要があります。

 

痛い・かゆい首にきびの治し方

 

患部を冷やす

血液の流れを遅くし血管を収縮させることで、「ヒスタミン」の分泌量の増大を食い止めることができます。そのため「患部を冷やす」ことによって血管を収縮させ、血液の流れを遅くすることが効果的です。

 

痒みを感じたら、さわったり引っ掻くのではなく、まずは「患部を冷やす」ように心がけてみてください。

 

生理が終わるまで待ってみる

女性の場合、生理などの影響によってホルモンバランスが乱れることが原因で、首周りににきびができることがあります。もし痒みを伴わなかったり、生理が終わることで改善するようであれば、さほど気にすることは無いでしょう。

 

普段のスキンケア方法を見直す

肌の乾燥は、間違ったスキンケアひとつが原因で、ちょっとしたことがきっかけで簡単に起こってしまうものです。汚れの付着も、洗顔がきちんとできていなければ、そこから菌が繁殖して「痛い」「かゆい」首にきびの原因となってしまいます。

 

乾燥と汚れは、正しい洗顔方法と正しい知識を持って行えば、手間やお金をかけずにトライすることができます。

 

 

パルクレールジェル