敏感肌の原因

角質層とバリア機能

 

皮膚にはもともと外部の刺激などから、からだを守るための防衛機能が備わっています。バリア機能と呼ばれているのですが、これは角質層が盾となっています。

 

外部からの刺激などから、皮膚の奥の組織などを守っているんです。

 

バリア機能が低下すると・・・

 

しかし、このバリア機能が低下してしまうと、外部からの刺激に対して、とてももろくなってしまうんです。その結果起こるのが、「刺激を直接的に感じ、敏感になってしまう」という現象です。

 

本来であれば角質層はセラミドという成分が、細胞と細胞の間に接着剤のような役割で満たされています。そのため刺激が直接、神経などに当たらないようになっているのです。

 

しかしバリア機能が低下していると、このセラミドが十分の量確保できなくなります。その結果、刺激が奥に侵入してしまうので、顔がヒリヒリしたり、痛みを感じることになるんです。

 

セラミドの保湿機能

 

また、セラミドは皮膚の潤いを保つための作用もあります。しかしセラミドが不足してしまうことによって、皮膚の乾燥が強くなってしまい、乾燥肌にもなります。

 

その結果、起こるのは皮膚が健康を保つことができず、どんどんトラブルが起こりやすい状態を産みだしてしまうのです。刺激を抑えつつ、保湿ケアをしっかりと行っていくことで、敏感肌は徐々に改善することが可能です。

 

敏感肌の人のための洗顔方法

 

敏感肌を改善できる洗顔方法があります。敏感肌の人は、化粧水をつけるとヒリヒリするので、なかなか思うようにしっかり保湿することができません。

 

肌がボロボロになっている状態なので、「自分の肌に合う洗顔料や化粧水はない」と思うくらいの方がいいです。それよりも洗顔方法を変えることが大事です。

 

肌の内部にダイレクトに成分が入ってしまう状態では、いくら優しい洗顔料を使っても無駄だからです。敏感肌を改善するには、洗顔料は使わず、水だけで洗顔するのが一番です。

 

これこそが敏感肌の人にとって、基本になる洗顔法なのです。とにかく、肌に刺激を与えないことが大事です。

 

化粧水をつけてもヒリヒリするのが、敏感肌の特徴です。そうした状態を改善するには、極限まで優しく洗うということが大事になってきます。

 

洗顔する時、必ず洗顔料を使う必要はありません。そもそも洗顔料使っていては、いつまでたっても敏感肌は治りません。

 

敏感肌の原因は、洗いすぎなどの間違ったスキンケアによるところが多いのです。敏感肌の人は、洗顔料の使用を一旦やめ、ターンオーバーを正常化させる必要があります。

 

健康な角質層を作り上げるために必要なのが水洗顔なのです。

パルクレールジェル