生理前のにきび・肌荒れを治す方法

生理前の時期には、にきび・肌荒れが起きやすいものです。

 

にきびができてしまったり、お肌が乾燥してしまったり、肌荒れ等の様々なトラブルが頻繁に起こってしまうのです。生理前にこうした肌トラブルが増えてしまう原因は、いったい何なのでしょうか。

 

生理前には「黄体ホルモン」の分泌が多くなります。この「黄体ホルモン」の作用によって、皮脂の分泌も多くなってしまいます。

 

皮脂の分泌が多くなれば毛穴に皮脂が詰まってしまうので、にきびができたり肌荒れ等が起こってしまう原因となるんです。ではそんな「黄体ホルモン」による生理前のにきび・肌荒れは、どのような対策をとれば治すことができるのでしょうか。

 

肌荒れを治すには

 

特に「保湿」に注意してスキンケアを行うことが、生理前の肌荒れを治すポイントになります。洗顔を朝晩としっかりと行うことはもちろんとして、保湿ケアを特にしっかりと行うことが大切なのです。

 

まずは洗顔で汚れをしっかりと洗い落とし、十分な保湿ケアを心がけるようにしましょう。

 

肌荒れの原因は、その多くが「乾燥」に伴う皮脂の過剰分泌です。そのため、保湿を特に念入りに行うようにしましょう。

 

にきびを治すには

 

生理前ににきびができやすい方は、一度自分の生理周期に合わせた治療や予防を行うことをオススメします。実は、生理前ににきびができてしまった後、すぐに治療を行うのはあまり効果的ではありません。

 

このタイミングは、肌が非常に敏感になって弱っている状態だからです。そこで、生理が終わった後、次の排卵までの間に集中的ににきびケアを行うようにしましょう。

 

実は生理が終わってから排卵までの間というのは、お肌の状態も安定しています。

 

刺激などに対しても、比較的肌が強い状態になっています。新しい治療を開始するには、この時期がオススメなのです。

 

基本としてはこの時期にビタミンC誘導体などを含んでいる基礎化粧品で、しっかりとしたスキンケアを行って、お肌自体を強くすることです。

 

また排卵後はできるだけ脂っこい食事や、暴飲暴食を避け、しっかりと睡眠をとるようにします。皮脂も多めに分泌されるため、洗顔をしっかりと行い、保湿ケアにも気を遣うようにしましょう。

 

また便秘になるとにきびもできやすくなるので、食物繊維を多く含んだ食生活にしましょう。さらに、軽い運動なども取り入れるようにすると効果的です。

 

パルクレールジェル