間違ったにきびの治し方

 

にきびの治し方については、いくつか間違った常識があります。鵜呑みにして、そのとおりに実践してしまうと、余計に症状を悪化させてしまうことにしかならないので、注意が必要です。

 

潰す

 

「にきびは軽度なら、潰せば治る」というのは、間違った治し方です。そうすると確かに治るのが早いように感じますが、潰してしまうと跡が残る場合があります。

 

にきびは原則として自分で潰すのは避けるべきです。

 

手指の爪で潰すのは絶対に避けるべきで、周辺の皮膚にまで傷をつけることになります。深く傷つけてしまうと、クレーター状の跡が残る恐れもあります

 

間違ったにきびの治し方として、もっとも有名なのは「潰す」という行為なのです。潰すのだけは何があっても避けるべきで、マイナスにはなっても、プラスになることはまずありません。

 

医療機関での面皰圧出

 

医療機関で行う面皰圧出もありますが、それはあくまで対症療法にすぎません。にきびの発生・再発そのものを解決するものではありません。

 

消毒液をつける

 

間違ったにきびの治し方として有名なものの中には、「消毒液をつけると治る」という意見もあります。しかし、それも間違ったケア方法です。

 

市販の消毒液には、確かに殺菌作用はありますが、アクネ菌を減少させる効果があるにすぎません。抗炎症作用のある消毒剤は、一時的に炎症を緩和する力があるので、使用すると炎症による赤みが引く可能性はあります。

 

しかし、ほんの少しの効果しか得られません。一時的な効果しかないので、市販の消毒液でにきびを治すことはできないのです。

パルクレールジェル