ニキビ跡の種類と症状

ニキビ跡の種類は、意外とたくさんあります。ひとつひとつ、みていきましょう。

 

赤み

 

まず、赤みがあります。この赤みは、皮脂の分泌の亢進による皮脂の貯留により起こるものです。

 

アクネ菌が血管を拡張させ、炎症をおこす細胞を誘導することで、毛穴内部で炎症が起こります。

 

肌に赤みという形でニキビ跡を残すので、赤みと呼んでいます。比較的治りやすい跡であり、また赤みは時間の経過と共に改善されることが多いです。

 

ただし、真皮層まで炎症が及んだ場合は、皮膚科専門医に相談する必要があります。

 

色素沈着

 

ニキビ跡でよく見かける症状の一つに、茶色い色素沈着というものがあります。この茶色いシミのようなニキビ跡の原因は、メラニンだと言われています。

 

紫外線からお肌を守るためにメラニンが発せられるのと同じように、肌に炎症が起こりニキビになると、原因菌であるアクネ菌が増殖します。

 

このアクネ菌を抑えるために肌は活性酸素を作り出します。

 

この活性酸素は肌をも攻撃することとなり、最終的に活性酸素を抑えるためにメラニンが作られるということになるのです。これが色素沈着の原因へと繋がっていくわけです。

 

色素沈着への対処方法としては、美白化粧品を上手に利用するという方法があります。

 

美白化粧品はお肌を美白にする成分がタップリと入っているので、色素沈着を目立たなくするために有効となるのです。

 

美白化粧品の他にもピーリング化粧品もあわせて利用すると、さらに色素沈着に有効と言われていますので試してみましょう。

 

ただし、ピーリング化粧品は使用しすぎには注意が必要です。かえってお肌にダメージを与える可能性もあるので気をつけましょう。

 

最後には保湿をすることも忘れないように心がけましょう。

 

メラニンが原因のニキビ跡ですが、炎症が重度の場合、メラニンが真皮層まで落ちてしまうので、なかなか消えにくくなります。

 

クレーター

 

ニキビ跡の中でも、代表的なのがクレーターです。真皮で炎症が起こると均一な肌の再生が難しくなり、クレーターとなって残ってしまうのです。

 

しこり

 

ニキビが治った後でも、しこりだけは残ってしまうケースがあります。重度の化膿や炎症を同じ場所で繰り返したことで起こるもので、過剰にコラーゲン線維を生成することでそれが硬化し、しこりとなって現れます。

 

ケロイド

 

跡が残ってしまうケースの中でも、ひどいのがケロイドです。やけど跡と同じように光沢を帯びたケロイド状になります。

 

パルクレールジェル