首周りにニキビ跡ができる原因と治す方法

ほとんどの人は、思春期だけでなく社会人になってからも、ニキビ(跡)ができてしまった経験があると思います。

 

「ニキビ(跡)は、思春期ならではの肌トラブル」という認識は、一昔前までのこと。食生活や生活習慣・ストレスの有無等によっては、大人でもニキビ(跡)ができてしまいます。

 

そんなニキビ、いったん治った後でも、跡が残ってしまって悩まされてしまうことが多いものです。

 

「よく首周りにニキビ(跡)ができてしまう」という悩みは、思春期だけでなく大人になってからでも、やはりとても多いです。

 

首周りにニキビ跡が残る原因

 

跡が残ってしまう原因は、その多くが「ニキビを何度も繰り返して、症状が悪化してしまったこと」

 

特に首周り(デコルテ・フェイスライン周辺)はニキビができやすいため、何度も繰り返しているうちに、肌の奥深くまでダメージが蓄積されてしまいます。

 

その結果、跡として残ってしまうのです。

 

またその他、複数の原因が重なっていることが多いのが特徴です。

 

ホルモンバランスの乱れや生理の影響

男性の場合は、男性ホルモンの影響が強い場所ですし、女性の場合でも、生理の影響で毛穴づまりを起こしやすくなっています

 

とくに女性は、生理前による「ホルモンの過剰分泌」が原因であることが多いです。

 

食生活の乱れ

男女関係なく現代人にあてはまることは、食生活の乱れ(栄養の偏りや、不規則な時間帯での食事)です。食生活が乱れは、栄養不足やからだへの負担になってしまいます。

 

そして、その影響がお肌にもあらわれてしまうのです。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の不規則、とくに睡眠不足は、皮膚にとってもトラブルの元となります。またストレスもニキビ(跡)の原因となります。

 

仕事や人間関係によるストレスが蓄積することによって、ホルモンバランスの乱れや暴飲暴食、睡眠不足の原因になるからです。

 

間違ったスキンケア

化粧や洗顔のし過ぎ、間違ったスキンケアなど、お肌に負担をかけてしまうことも、ニキビ(跡)の原因になります。

 

ターンオーバーの乱れ

特に首周りという部位は、もともと「ターンオーバーが遅い」箇所でもあります。そのためとくに、「首周りはニキビ跡が残りやすい場所」となってしまうのです。

 

首周りのニキビ跡を治す方法

 

首周りにニキビ跡ができてしまったら、「正しいスキンケア」を実践して治す必要があります。またその他の重要なポイントとしては、「生活習慣(食事・睡眠等)の改善」があげられます。

 

スキンケア方法の改善

まずはスキンケア方法の改善についてですが、自分の肌の状態に合わせたお手入れをすることが大切です。

 

お肌は生理周期・ホルモンバランスの状態によっても変わります。その時々の状態に合ったスキンケアを実践するようにしましょう。

 

生活習慣の改善

生活習慣や食生活を正すことによって、ターンオーバー(新陳代謝)を改善し、首周りのニキビ跡を治すことができます。

 

ストレスが原因になっている時は、なるべく運動や好きなことをすることで上手に発散させましょう。

 

男性の場合は髭剃りは肌に傷を付けないように気をつけて、保湿などのアフターケアもきっちりと行っておくようにしておきましょう。

 

パルクレールジェル