首ニキビ・しこりの原因と治し方

「首ニキビが赤くなっていて、痛い・・・」

 

「いっぺんに大量にできてしまって悩んでいる・・・」

 

「気がついたら、大きいしこりニキビになってしまった・・・」

 

「痛い・かゆいので、つい無意識で触ってしまっている・・・」

 

首周りは、他の箇所と比べてもニキビ・大きいしこりができやすい箇所。

 

しかも、「痛い」「かゆい」「何度も繰り返す・治らない」といったひどい症状が出やすいのも、首周り(デコルテ・フェイスライン周辺)ならではの特徴なんです。

 

また特に首周りは症状が悪化しやすい箇所でもあるので、「痛い」「かゆい」「赤くなって目立つ」などのひどい症状に悩んでいる人はたくさんいます。

 

 

痛い首ニキビ・しこりにはコレ!おすすめケアコスメ!

 

「早く・カンタンに首ニキビ・しこりを治したい!」

 

そんなアナタに、自信を持ってオススメできるアイテムを紹介します。

 

首ニキビ・しこりケアコスメ・実力ランキング

パルクレールジェル
パルクレールジェル
実力で選ぶならコレ!首ニキビ・しこりに効果絶大!

 

首ニキビ・しこりが消える・・・!
保湿成分が肌の奥まで浸透、シミ・色素沈着跡を残さずキレイに治す!

 

業界初の「永久」返金保証!実力に自信・・・!

 

 

>>パルクレールジェルの詳細はコチラ<<

 

上をクリック

実力No.1!迷ったらコレ!

 

ラ・ミューテ
ラ・ミューテ
最強のコスパ!効果バツグンの半額キット!

 

92%が大満足!実力派の顎ニキビ・しこりケアキット。値段は少しばかり高いけど、半額キャンペーン中なのでコスパ最強!効果は絶大!

 

 

大ボリューム!コスパ重視で選ぶならコレ!

 

 

>>ラ・ミューテの詳細はコチラ<<

 

上をクリック

コスパNo.1!大ボリュームの超実力コスメ!!

 

ルナメアAC
ルナメアAC
首ニキビ・しこりケアの知名度ナンバー1コスメ!

 

富士フィルムの、首周りニキビ・しこりのケアコスメ!

 

首周り・デコルテにニキビ・しこりがある人に絶対オススメ!

 

>>ルナメアACの詳細はコチラ<<

 

上をクリック

知名度重視のアナタにピッタリ!

 

 

 

痛い首ニキビ・しこりの症状

炎症して赤くなっている

「首周りのニキビが痛いし、かゆい・・・」などと悩んでいる人の場合、そのほとんどが炎症して赤くなってしまっています。

 

なぜ炎症して赤くなってしまうのかというと、それは毛穴の中に老廃物が詰まってしまったから。

 

毛穴を塞いでしまい、時間が経つとともに、内部から炎症して赤くなってしまうのです。

 

そうなると、「痛い」「かゆい」といったひどい症状が出てしまいます。

 

さらにひどいときには一度に大量に首ニキビ・しこりができたり、慢性化してしまうことがあります。

 

大きいしこりニキビになっている

炎症して赤くなった首ニキビを放置しておくと、大きいしこりになることがあります。

 

大きいしこりになった場合、いったん治っても、その箇所に凸凹状のクレーター跡が残ってしまう可能性があります。

 

その上、色素沈着によって部分的に肌の色が黒ずんでしまい、赤み跡が残ってしまうこともあるのです。

 

上記のような、痛い首ニキビ・しこりに対しては、まずうかつにさわらないこと。そしてつぶさないようにすることが大事です。

 

ニキビを潰すのはNG

 

「痛い」「かゆい」「大きいしこりが気になる」・・・。そんな首ニキビ・しこりのひどい症状に見舞われてしまうと、ついつい気になって無意識で触ってしまいたくなります。

 

しかし、うっかり手で触ってしまうと、症状がさらにひどいことになるかもしれませんので、注意が必要です。というのも、手には必ず、目に見えない汚れやばい菌等が付いているからです。

 

うかつに手でさわってしまう、ということは、毛穴の内部に汚れ・ばい菌等をすり込んでしまうことになります。そのため、極力手で触らないように意識しましょう。

 

また、つぶしてしまうのもやめましょう。首ニキビ・しこりは再発しやすく、つぶしてもまたできてしまいます。

 

その上、つぶしてしまうとひどい跡が残るだけなので、やるだけ損、と言わざるを得ません。

 

首ニキビ・しこりが痛い・赤み跡が残る等、ひどい状態になりやすい原因

 

首ニキビ・しこりに関してはとくに、「痛い・かゆい・炎症して赤くなる・跡が残る」等、ひどい状態になりやすいです。

 

その原因には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

原因1:皮脂の過剰分泌

 

首のニキビの原因の1つ目は、皮脂の過剰分泌です。
そして、皮脂の過剰分泌の原因は、ケア不足によるものが大きいです。

 

顔の汚れは、誰でも毎日、洗顔でしっかり落とし、化粧水や美容液で保湿を万全にしますが、うなじ、首筋などは疎かになりがちです。

 

多くの人は、石鹸でさっと洗う程度で済まします。こうしたケア不足が、首のニキビの原因になっていることが多いのです。

 

うなじや顎下の部分は、比較的汚れやすい部位で、皮脂の分泌も多い場所です。

 

そうした中、髪や衣服による刺激も、皮脂のの過剰分泌の原因になっています。
毛穴の汚れの元になるからです。

 

マフラーなどをしていると、アクネ菌の温床になり、炎症を悪化させる元になります。
そのため、皮脂を抑えるには、とにかく清潔を保つようにすることです。

 

首周りは、とくに汗をかきにくい箇所です。

 

汗腺が少ない箇所であるため汗をかきにくく、毛穴内部の老廃物を排出しにくい、という特徴があります。

 

そうなると、毛穴内部に老廃物が蓄積されてしまい、痛い・かゆい炎症や大きいしこり等、ひどい症状の原因になってしまうのです。

 

原因2:ターンオーバー(新陳代謝)の乱れの影響

血行不良などの原因によって、肌のターンオーバー(新陳代謝)のリズムが乱れることがあります。

 

人にもよるのですが、その影響が首ニキビ・しこりとして出てしまう、というケースは少なくありません。

 

原因3:ホルモンバランスの乱れの影響

個人差はありますが、ホルモンバランスの乱れの影響が、首ニキビ・しこりとして出てしまう人は意外に多いです。

 

首のニキビの原因は、ホルモンが関係しています。

 

首のニキビは、男性でも女性でも、ヒゲやうぶ毛が生えている場所であり、男性ホルモンを敏感に感じやすい部分です。

 

そのため、男性ホルモンが原因で首のニキビができやすいのです。男女共に、首ニキビについては、ホルモンが関係しているのです。

 

女性の首のニキビは、ヒゲ等は関係ありませんが、同じく男性ホルモンが関係してできてしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰分泌された場合に多いのですが、毛穴内部に原因菌となるアクネ菌が増殖してしまうのです。

 

その結果、ひどい炎症を起こしてしまい、痛い首ニキビ・しこりの原因となってしまいます。

 

女性では、生理前にホルモンバランスが乱れる傾向があり、そのタイミングで痛い首ニキビ・しこりができやすいのです。

 

痛い首ニキビ・しこりの治し方

 

「痛いし、かゆい」「炎症して赤くなってしまった」「繰り返すだけで治らない」など、そんなひどい首ニキビ・しこりに対しては、以下の基本を守ってケアしましょう。

 

首ニキビ・しこりの治し方・3つの基本

触らない

気になっているからといって、うかつに触ってしまうと、手に付いているゴミや細菌が毛穴内部に入り込んでしまいます。

 

そうなると症状が悪化してしまいますので、不用意にさわらないように注意する必要があります。

 

潰さない

「首ニキビ・しこりが痛い・ひどい」という場合、慢性化してしまって何度も繰り返す・なかなか治らないケースがほとんどです。

 

そのような状況においては首ニキビ・しこりをつぶしても、再発して繰り返すだけになってしまいますので、単なるイタチごっこになります。

 

また、首の大きいしこりを潰してしまうと、クレーター状のニキビ跡が残るので、潰さないようにすることが大事です。

 

放置しない

炎症して痛い、かゆいなどの症状がある首ニキビ・しこりは、たとえ放置しておいたところで改善はしません。

 

むしろ、ほうっておくとさらに症状がひどいことになるので、しっかりと首ニキビ・しこりのケアをする必要があります。

 

首ニキビ・しこりの治し方・3つのポイント

 

上記の3つの基本は、いわば最低限のポイント。
では、【痛い・かゆい・治らない】・・・。

 

そんな3拍子そろったひどい首ニキビしこりに対しては、どのような治し方を実践すればよいのかを解説します。

 

治し方1:毛穴をひらいた状態で洗顔する

痛い首ニキビ・しこりの主な原因は、毛穴の詰まりです。

 

皮脂などの老廃物が毛穴を塞いでしまい、炎症が起きていることが原因のほとんど。

 

そのため治し方としては、毛穴をしっかりとひらいて、老廃物を毛穴から除去することが有効です。

 

洗顔時、入浴時には熱めのお湯で、しっかりと毛穴をひらいてから洗顔するようにしましょう。

 

治し方2:保湿ケアでうるおいをキープ

洗顔後も肌にうるおいをキープできるように、しっかりと保湿をしておく必要があります。

 

肌が乾燥してしまうと、皮脂が余分に分泌されてしまい、首ニキビ・しこりの悪化・再発の原因になってしまいます。

 

さらに、肌が乾燥してしまうと毛穴がひらいた状態になり、空気中の汚れ・細菌等が毛穴の内部に入り込んでしまいます。

 

その結果、「痛い・かゆい・治らない」等、ひどい症状の原因となるのです。

 

そのため、浸透力の高い保湿剤をつかうようにして、肌のうるおいをキープする必要があります。

 

治し方3:刺激の少ない保湿剤をつかう

市販の化粧品には、界面活性剤などをはじめとして、肌にダメージを与えてしまう成分が含まれています。

 

極力、肌への負担が少ない、刺激の少ない保湿剤をつかうようにしましょう。