洗顔料・おすすめの選び方!市販のスキンケア化粧品は、成分に注意

MENU

洗顔料のオススメの選び方と注意点

市販のスキンケア化粧品

 

ニキビを治す洗顔料を選ぶ基本は、まずはしっかり汚れを落とせる物です。

 

無駄なうるおい成分やしっとり成分が含まれているようなスキンケア化粧品は、極力選ぶべきではありません。そうした物は、洗浄力が弱すぎて、しっかり汚れを落とせない可能性があるからです。

 

そして、もっとも大事なことは、「自分の肌質とその時の肌の状態で選ぶようにする」ということです。正しいスキンケアの方法と、自分に肌に合う基礎化粧品の使用を、同時進行で行っていく必要があります。

 

そのため、市販のスキンケア化粧品でもまったく問題はありません。要は「自分に合うかどうか」が重要なのです。

 

ベタつく肌にはさっぱりとするタイプの洗顔、カサカサの肌にはしっとりと感じる洗顔。単純に適切な洗顔を選んでいると思われがちですが、実は間違っている場合もあるので注意が必要です。

 

肌に合う合わないはとても大切ですが、有効な洗顔料というのは、洗浄成分が強すぎず、刺激が弱く、保湿機能も持っているものです。確かに皮脂をしっかり洗い流せた方が気持ちが良いのですが、皮脂を落としすぎてしまうと乾燥肌や、オイリーな肌を進行させてしまいます。

 

きめ細かい泡が毛穴の汚れを優しく掻きだし、皮脂を取り過ぎず、洗顔と同時に保湿も出来るような天然素材のスキンケア化粧品がベストですね。その意味では、市販でそういったものはあまり売られていないのでオススメしにくいのは事実です。

 

毛穴の汚れが除去できれば繰り返すニキビ・しこりも改善できますし、余分な老廃物をきちんと取り除き適度な皮脂を残しておくことで肌のバリア機能が保つことができます。そのため、過剰な皮脂の分泌も起こりません。

 

保湿ができることで、肌内部の水分を減らすことなく肌を健康な状態に維持できるのです。肌の調子が整い、毛穴の汚れも落とすことができれば、ニキビ・しこりが改善して、キメの細かい美しい肌を手に入れることができるでしょう。

 

少し値段は高くても、市販のものに限らず洗顔料は厳選したいですね。

パルクレールジェル