生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状を和らげる漢方薬

MENU

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状と原因

 

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害は、人によって症状や痛みの度合い等もかなり異なりますが、概ね以下のようなものがあります。

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状一覧

下腹部痛・腹痛

胸の痛み・動悸

頭痛

歯痛

胃痛

腰痛

関節痛

ほてり・のぼせ

吐き気・食欲不振

冷え・だるさ・めまい

イライラ・怒りっぽい

ニキビ・吹き出物などの肌トラブル

 

更年期とは、一般的には閉経を挟んで、目安として45歳〜55歳程度までの約10年間を指します。

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の原因

 

女性ホルモン(エストロゲン)の減少が原因

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の原因は、実はハッキリとはわかっていません。生理痛・PMS(月経前症候群)については、「子宮内膜が剥がれ落ちるときの痛み」が原因であると言われています。

 

ただし、生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害のいずれにも共通しているのが「女性ホルモン(エストロゲン)の減少」で、これが主な原因であるという説がもっとも有力です。女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって体内のホルモンバランスが乱れてしまうため、様々な症状が出てしまうのです。

 

しかし、それ以外にも環境の変化によるストレス・イライラが原因となってしまっていることも珍しくありません。

 

たとえば就職・転職や結婚、妊娠・出産・育児、子供の独立、親の介護など・・・。立場や人間関係等、環境の変化によって生じるストレス・イライラが原因で、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害を和らげる(軽減する)には

 

つらい生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状を和らげる(軽減する)には、主に2つの方法があります。

 

和らげる(軽減する)ための2つのポイント

 

からだを温める

 

こうした生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害は、普段からからだ温めるようすることで、症状を和らげる(軽減する)ことができます。冷たい飲み物をやめて、温かいものを飲食するようにするのがオススメです。

 

温めたノンカフェインのハーブティー・漢方茶で、からだもあたためましょう。

 

また、からだが冷えるようなファッションは避けて、ソックスやタイツなどで冷えないように工夫したり、冷房の効いたところではひざ掛けを使うなどの工夫をしましょう。毎日の入浴は、シャワーだけで済ませずに湯船にゆっくりつかったり、お腹や腰にカイロを貼るなどの対策もオススメです。

 

たまったストレスを解消する

 

ストレスを解消することで、生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状を和らげる(軽減する)ことができます。そのため、普段からストレスをためない生活をすることが大事です。

 

夜は決まった時間に眠って、健康的な生活を送りましょう。温めたノンカフェインのハーブティー・漢方茶を夜寝る前に飲むと、からだが眠りやすい状態になるため格段に睡眠の質が上がります。

 

また生理前のイライラ・ストレスも、アロマで癒されるので効果的です。

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状を改善する漢方薬

 

生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状を根本から和らげる(軽減する)には、生理不順の原因(病気やストレス)を解消し、普段からからだの調子を整えておく必要があります。

 

生理周期は、25日〜38日周期が正常とされています。生理が始まった日から数えて、次の生理が25〜38日以内のサイクルを保っていれば正常です。

 

漢方薬・デトックスティー

 

たまにずれても7日以内であったり、1回の生理が3〜7日であれば正常の範囲内です。それ以外の場合には生理不順ということになります。

 

漢方薬を使う場合には、体質によって使い分けることができますので、自分にあう漢方薬を探し出すことがとても重要になってきます。

 

生理周期が24日以下と短くて倦怠感があり、顔色が悪かったり低体温の場合には、エネルギー不足で疲れやすいという症状が現れます。逆に不正出血があったり、下痢、生理が長引く、体力や気力が低下している人も含まれます。それらは、十全大補湯(ジュウゼンダイボトウ)を使うことで、効果が期待できる症状です。

 

生理前のストレスでイライラしやすく、血行不良で周期が不安定になった場合には、加味逍遙散(カミショウヨウサン)がオススメです。冷えが慢性的にあり、生理周期と経血量が不安定、疲労がたまってホルモンバランスが乱れている人には、温経湯(ウンケイトウ)がオススメです。

 

どうしても生理痛・PMS(月経前症候群)・更年期障害の症状がひどい時には、我慢をせずに薬を服用するようにしましょう。市販薬を飲んでも効かないほどの痛みの場合には、子宮内膜症などの病気が隠れている場合もありますから、早めに産婦人科を受診するのが望ましいです。

 

主に、ホルモン補充治療(注射器等を通じて、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を外から補充する方法)・抗うつ薬による治療を受けることになります。

 

 

パルクレールジェル