肌のつっぱり・乾燥の原因は、まちがった洗顔方法にあり!

MENU

まちがった洗顔方法が主な原因で、肌がつっぱる

 

肌がつっぱる

 

「顔を洗ったあと、肌がつっぱるように感じる・・・。」

 

「洗い上がりはさっぱりするのに、保湿ケアをしてもうるおう感じがしない・・・。」

 

乾燥肌の症状に悩んでいる人は、とても多いです。しかし、肌のつっぱり・乾燥の原因の多くは、「日々のケアの仕方が間違っている」ことにあります。

 

逆に言えば、日々のケアの方法をきちんと見直すだけで、肌のつっぱり・乾燥はほとんどの場合、簡単に改善することができます。

 

ここでは、肌のつっぱり・乾燥の原因のトップとなっている、「間違った洗顔方法」について見直しをしたいと思います。

 

水の温度

 

洗顔に使っているのはお湯ではありませんか?お湯の温度が高すぎると、大切な皮脂をどんどん溶かして取り除いてしまいます。

 

皮脂は肌を乾燥から守り、外部からの刺激からも保護する役割を担っています。そのため取り過ぎると、肌のつっぱり・乾燥の原因となってしまいます。

 

また、皮脂にはバリア機能もあります。紫外線や空気中のゴミ・ホコリから肌を守っているのです。そのため皮脂を取り除きすぎてしまうと、肌が外部からの刺激や感染症などに対してめっぽう弱くなってしまいます。

 

できる限り、水またはぬるま湯を使うようにしましょう。具体的には、25〜30度くらいまでの温度の水・ぬるま湯で洗顔するのが理想です。

 

洗顔料の使い方

 

正しい洗顔方法

 

普段、洗顔料をべっとりとなってしまうほど使っていませんか?基本的に、洗顔料はたっぷりと泡立てて使う必要があります。

 

あまり泡立てないで使うと、肌に洗浄成分がべっとりと濃く付いてしまうことになります。それが原因で、肌から大切な皮脂を根こそぎ奪い去ってしまうのです。

 

つまり、それこそ肌のつっぱり・乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

 

また、洗顔料がべっとり付いてしまうと、洗い落とし切れないことも多くなるでしょう。その結果、顔についたまま残ってしまった洗顔料は、肌に大きな負担をかけてしまいます。

 

肌のつっぱりや乾燥だけではなく、ニキビ・肌荒れなどの肌トラブルも引き起こしてしまうので、十分に注意するようにしましょう。

 

洗顔料はしっかりと泡立て、その泡だけで洗うようにしましょう。指を肌にはつけずに、泡だけを押し当てるようになじませ、短時間でササッと洗い落とすようにするのが理想的です。

パルクレールジェル