血行不良の症状と原因!ドロドロ血液をサラサラにするための対処法

MENU

ドロドロ血液をサラサラにするための対処法

 

血行不良の症状

 

血行不良の症状

 

血行不良は万病の元と言われています。血行不良の状態に陥ると、人体に冷えやむくみ、肩こり、腰痛、頭痛など様々な不調を引き起こしてしまうのです。

 

健康上の問題もありますが、肌荒れ、基礎代謝の低下など美容・ダイエットの面でも障害になります。

 

血行不良が起きているということは、血液がドロドロになっています。

 

この状態のままスキンケアを行っても浸透力が弱いので、効果が出にくくなる場合があります。また、そのまま放置していると悪化の一歩を辿り、肌への老化へと繋がっていくのです。

 

血行不良の原因

 

血行不良が起きてしまう原因は、血管の性質にあります。太い大動脈や、細い毛細血管など様々な種類の血管は、全身に張り巡らされ日々、栄養を運んでいます。

 

しかし「何らかの原因」によって、身体の機能をコントロールしている自律神経が、血管を収縮してしまうことで血行不良が起きます。

 

つまり、栄養を運ぶ通り道(=血管)が狭くなっているため、からだの末端まで十分に届けることができず、いわば栄養失調のような状態に陥ってしまうのです。

 

血行不良が起きると栄養が十分にからだに行き渡らないだけではありません。老廃物が排出されず留まってしまうので、様々な健康面・美容面のトラブルを引き起こしてしまいます。

 

運動不足

血行不良が起きてしまう代表的な原因のひとつとして、運動不足が挙げられます。

 

特にデスクワークなど長時間同じ姿勢でいる状態が続くと、血液の巡りが悪くなりやすいと言われています。更に汗をかくにくい生活を続けていると、水分補給を怠るようになるので、血がドロドロになり、血行不良へと繋がってしまうのです。

 

食生活の乱れ

血液をドロドロにさせてしまう原因はほかにも偏った食生活が挙げられます。脂質、炭水化物などの摂りすぎは注意が必要です。

 

血行不良を起こさせないように、日頃の生活を改める必要があると言えるでしょう。

 

ストレス

血行不良は、ストレスが引き金になってしまうことがあります。強いストレスを受けることによって、自律神経が乱れてしまうケースがあるのです。

 

そして、自律神経のはたらきに不調が起こると、血液の循環がうまくいかなくなります。

 

また強いストレスを受けると、脳からストレスホルモンが大量に分泌されます。このストレスホルモンには血管を収縮させる作用があるため、血液が滞ってしまうので血行不良の原因になります。

 

血液をサラサラにして血行不良を解消するには

 

血行不良の対処法

 

血液をサラサラにするためには、運動不足・食生活の乱れ・ストレスを解消する必要があります。

 

適度な運動をして、食生活を規則正しいものにし、ストレスを溜め込まないようにする、という基本的なことを徹底するだけなのです。

パルクレールジェル