自宅でできる!自分でニキビを治す簡単な方法といえば、洗顔!

MENU

自宅でできる簡単な洗顔方法!自分でニキビを治すのに最も効果的!

 

自宅でできるニキビのセルフケアとして、最も簡単で効果的なのは洗顔です。

 

しかし、洗顔をするにもポイントをおさえておく必要があります。不用意な洗顔は、症状を悪化させてしまうため、注意が必要です。

 

まず、手を綺麗う

 

手に汚れがついたままだと、顔を洗う意味がなくなります。菌が繁殖する原因にもなるので、手はしっかり洗っておく必要があるのです。

 

水だけで軽く洗顔する

 

次に素洗いします。

 

最初は水だけで顔を洗います。汗やホコリなどの汚れは、水で洗うだけで落ちてくれるからです。

 

まずは落とせる汚れは水だけで落とします。

 

皮脂など、洗浄力の強いものでしか落とせない汚れだけを、洗顔料で落とす、というのが基本です。

 

温かいお湯を使う

 

洗顔をする際には、十分に温かいお湯を使いましょう。温度の高いお湯を使うことによって、毛穴をひらかせるためです。

 

30度くらいを目安に、手で触ってみてちょっと冷たいくらいがベストです。

 

温度をもう少し具体的に数字で示すと、つかう水の温度は32度がベストです。理由は、毛穴から分泌される皮脂が溶け出すのが、大体30〜32度ぐらいだからです。

 

肌の余計な皮脂を取りながら肌に必要な皮脂は残すには、32度ぐらいがちょうどよいのです。水だけで顔を洗う場合は、手で触ってみてちょっと冷たいくらいが良いです。

 

ただ、あまり汚れが落ちていなくて、テカリが気になる場合は、ぬるま湯より少し高い温度で顔の汚れを洗い落とすのがよいでしょう。

 

自身の肌状態を観察しながら、一番合う温度を見つけることです。

 

毛穴がひらいた状態で洗顔をすれば、炎症の原因となっている余分な皮脂や、毛穴内部のゴミ・汚れをスッキリと洗い流すことができます。

 

洗顔料をつかって、たっぷり泡立てる

 

次に、洗顔料を泡立てるのですが、その際、泡をきめ細かくすることです。泡を顔にのせてから指が直接肌に触れなくても洗顔できるよう、できるだけ多くの泡を作るのがコツです。

 

泡だけで、円を描くように優しく洗顔する

 

しっかり洗顔料を泡立ててから、指が肌に触れないよう優しく円を描きながら汚れを落としていきます。

 

ごしごしと洗うのではなく洗顔ネットなどで泡立てて、きめ細かく作った泡だけで丁寧に優しく洗うようにしましょう。毛穴の奥の汚れをしっかり取り除くには、できるだけきめ細かく泡を作っておく必要があります。

 

洗顔は1日2回までを目安に

 

洗顔は効果的なのですが、やりすぎてはいけません。というのも、まず洗顔をし過ぎると、肌が乾燥してしまうためです。

 

そのため、朝は水だけで洗顔するのがおすすめです。というのも、そもそも朝は洗顔料を使う必要はないからです。

 

朝は洗顔料を使うほど、汚れが顔に付着していません。ホコリや皮脂などの汚れは、水だけで十分洗い流すことができます。

 

水だけで顔を洗う方法の良いところは、洗顔料の使用を控えて洗いすぎを防ぎ、ターンオーバーを正常に働かせることができるところです。

 

朝は、洗顔後に化粧水は使わない。夜は使う

 

洗顔した後、肌が乾燥すると毛穴がひらいてしまいやすくなり、雑菌が詰まって炎症が悪化してしまいます。また、水分のバリアが無いので、肌が傷ついてしまいやすいという問題もあります。

 

そのため、洗顔は1日に2回まで、洗顔後に化粧水を使うのは夜だけにしておきましょう。

 

「早く治したい」という気持ちは十分にわかりますが、何にせよやりすぎは事態を悪化させるだけです。

パルクレールジェル