ビタミンC誘導体入りの化粧水でターンオーバーを正常化する方法

MENU

ビタミンC誘導体入りの化粧水が効果的な理由

ビタミンC誘導体入りの化粧水

 

ターンオーバーが遅れると、肌はダメージを負ってしまいます。肌のターンオーバーを改善するには、肌の表と内、両方のダメージを改善していく必要があります。

 

まずおすすめなのは、ぬるま湯洗顔です。

 

ターンオーバーが遅れているのは、肌組織が脆弱になっている証拠。そのため朝方は洗顔料は使用せず、お湯のみで洗顔することが大事です。

 

次に、ビタミンC誘導体入りの化粧水と導入型柔軟化粧水を使用します。化粧水の効果を高める下地を作り、化粧水を塗るのです。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水を肌内部へ送れば、内側からケアできます

 

ビタミンC誘導体は、特殊な分子構造をしており、非常に細かく小さいかたちをしています。そのため、肌の内側までスルスル〜っと入り込んでいくのです。

 

この二つの工程により、肌ダメージは改善され、ターンオーバーが正常化します。

 

肌のターンオーバーが低下するのは、肌の外と内にダメージが蓄積しているからです。そのため、肌のダメージ回復が先決になります。

 

肌のターンオーバー改善でにきびを治す方法をまとめると、毎朝、お湯洗顔をし、導入型柔軟化粧水とビタミンC誘導体化粧水を使用することです。

 

また、夜については刺激の少ない、素材にこだわった洗顔料を使って余分な皮脂を洗い落としましょう。にきびを治す方法の中でもとても大切な部分です。

 

こうした一連のスキンケアによって肌の外と内のダメージを改善することができます。つまり、ターンオーバーが正常化でき、にきびを改善することができるのです。

パルクレールジェル