紫外線(UV)対策とニキビの関係!日焼け止めが悪化の原因かも!

MENU

紫外線(UV)がニキビの原因!

紫外線予防

 

紫外線(UV)は肌老化を招く大敵で、ニキビの原因にもなります。女性なら、紫外線(UV)がいかに肌に悪いかは熟知しているはずです。

 

紫外線(UV)が人体に与える影響は甚大です。ただ、紫外線(UV)は人間にとって必要なもので、生体リズムを整えたり、神経や筋肉の緊張を緩和する働きがあります。

 

人の体内でビタミンDを生成するのに役立つのも紫外線(UV)で、一日15分程度の日光浴は良いとされています。しかし紫外線(UV)は、肌に対する影響力が強く、肌荒れやシミ、老化を促進させます。

 

つまり、回り回ってニキビの原因にもなるのです。

 

また免疫力の低下や、皮膚がんを誘発するリスクもあります。実際、紫外線(UV)にはマイナスの影響が強いので、良いイメージはありません。

 

肌の老化を促す原因の約9割が紫外線(UV)と言われていて、いかに肌に悪いかがわかります。肌老化は、紫外線(UV)と深く関係していて、コラーゲンやエラスチン繊維を生成する繊維芽細胞が傷つけられることで、肌のハリや弾力が失われます。

 

肌細胞が老化しシワやたるみが生じるので、ニキビの原因になるのです。紫外線(UV)が恐ろしいのは、肌への影響がすぐに出ないところです。日焼けや皮膚炎などの症状はすぐに表れますが、シミ、シワ、ニキビ、皮膚がんなどの肌老化は、長年浴びた紫外線が蓄積されることで現れます。

 

 

パルクレールジェル