ターンオーバーが遅い・早い原因と、周期・期間を正常化する方法

MENU

ターンオーバーを正常化する方法

ターンオーバーについて

肌(表皮)の生まれ変わりをターンオーバーといいます。

 

ニキビや毛穴の黒ずみで悩んでいる人は、ただ何となくスキンケアをしているという人も多いのではないでしょうか。

 

ニキビや毛穴の黒ずみで悩んで対策を考えるのも結構なことなのですが、やはりもっと根本的に肌についての知識を持っておくことも大切です。

 

ターンオーバーの意味

 

肌はターンオーバーを繰り返し定期的に新しい肌へと生まれ変わっています。

 

ターンオーバーは肌の表皮において行われており、いわば表皮の新陳代謝のことを指すこととなります。正常な肌の持ち主はこのターンオーバーが定期的な周期で行われ表皮が生まれ変わっていくのです。

 

ところが、ニキビや毛穴の黒ずみで悩んでいる人はこのターンオーバーが正常に行われていないのです。

 

そして、正常にターンオーバーが行われないということは、肌が綺麗にならないといいうことに等しいのです。

 

表皮の下の真皮ではターンオーバーは行われませんから、まさに表皮におけるターンオーバーをよく理解した上でスキンケアを行いましょう。より効果的な治し方が可能になります。「ターンオーバーを制すれば、ニキビや毛穴の黒ずみで悩むこともなくなる」ということなのです。

 

ターンオーバーが遅いと

 

ターンオーバーが遅くなると

 

ターンオーバー(新陳代謝)が遅いということは、お肌の古くなってしまった角質がずっとお肌の表面にとどまって、そのままになってしまっている状態のことを指します。

 

角質の汚れなどもお肌に付着していて、肌荒れやニキビの原因となってしまったり、お肌のくすみやごわごわ、ざらざらなどが起こってしまいます。

 

ターンオーバーが遅くなる原因は?

 

そもそもターンオーバーが遅くなってしまう原因ってなんなのでしょうか。

 

まず原因として考えられることとして、お肌を清潔な状態にしていない、ということがあげられます。きれいに洗わずにいると、洗わないことで古くなった角質などがお肌に残ってしまうこととなってしまうのです。

 

それから油性の化粧品を使用していることも、ターンオーバー遅くなる原因の一つとして考えられます。油性の化粧品を使用している場合は、その脂分で古い角質をくっつけてしまっているのです。

 

ターンオーバーが速いと

 

ターンオーバー(新陳代謝)が早いと肌が乾燥してしまい、ニキビや肌荒れの原因になるとよくいいますが、本当なのでしょうか。

 

実際その通りで、ターンオーバーが早まると、ニキビや肌荒れなどをはじめとした、様々な肌トラブルを引き起こすことになります。

 

ターンオーバーというのは、角質層の質が決まる肌の生まれ変わりを指すので、「ニキビ解消のためには、早ければ早いほどいいのでは」と思いがちです。

 

しかし、それは間違いなのです。ターンオーバーは遅れると問題になりますが、早すぎてもよくありません。

 

ターンオーバーのペースが早いと、細胞が十分に成長していないのに、肌のバリア機能の役割を任されてしまうことになります。

 

その結果、ニキビを解消するどころか、肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

通常は、約28日かけてターンオーバーが行われるのですが、早い人の場合、その半分以下の14日〜10日前後で終了してしまうことがあります。アトピーなどで肌が炎症を起こしている場合は、3、4日にまで縮まることもあります。

 

そうなると、セラミドなどの保湿成分が著しく不足するので、バリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌を招いてしまいます。

 

結果、肌が乾燥して、ニキビや肌荒れを引き起こすことになります。

 

ターンオーバーが早くなる原因は?

 

ターンオーバーを早くなる原因は、間違ったスキンケアによることが多いです。そのため、普段のスキンケア方法を改善する必要があります。

 

パルクレールジェル