生理前(中)などの周期とホルモンバランスがニキビ・しこりの原因

MENU

生理周期とホルモンバランス

女性は生理中・前などの周期によって体調が変わったり、またそれに伴い気持ちなども変わったりすることがあります。

 

実はこれは、生理や排卵を境に、分泌される女性ホルモンが変わるためなんです。(下図参照)

 

ニキビが発生しやすいタイミング

※生理前がいちばん顎(あご)ニキビ・しこりが発生しやすい。

女性ホルモン

※生理前は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増える。

その後はエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が増え、肌が強くなる。

 

生理から排卵の間にはエストロゲン(卵胞ホルモン)が、排卵から生理の間にはプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になります。

 

分泌される女性ホルモンが変わることで、顎(あご)ニキビ・しこりの調子も変わります。

 

排卵から生理までの間

 

排卵から生理までの間はどちらかといえば皮脂の分泌が盛んで、顎(あご)ニキビ・しこりができてしまいやすくなります。

 

お肌の調子としては、とてもデリケートな状態になります。皮脂を摂り過ぎない程度にしっかりと洗顔を行い、保湿ケアに気を付けることでお肌のバランスを取りやすくなります。

 

生理から排卵の間

 

生理から排卵の間はお肌の調子も良く、どちらかといえば皮脂の分泌は抑え気味になります。この時期は肌が強くなっているため、顎(あご)ニキビ・しこりなどの肌トラブルも起こりにくいタイミングです。

 

そのためもし、化粧品を替えたいと考えている場合には、この時期に替えるとお肌に掛かる負担は少なくなります。さっぱりとした化粧品を選んで使うこともおすすめです。

 

間違ったクレンジングは、顎(あご)ニキビ・しこりの原因になる

 

肌には、水分のバリアを張るための皮脂があります。そのため、もし必要な皮脂まで一緒に落としてしまうと、乾燥しやすくなります。生理から排卵の間は肌が強い状態になっていますが、だからといって何度もクレンジングや洗顔を繰り返すと、やがて肌は抵抗力を失い、様々なトラブルに見舞われることになります。

 

とくにクレンジングオイルは、洗浄力が高く、脂が残りやすいので、やりすぎてしまうと肌荒れ・乾燥・顎(あご)ニキビ・しこり等の原因になるのです。そのためクレンジングするときの鉄則は、なるべく負担のかからない方法ですることです。

 

ジェルやミルクタイプのものは刺激が少なくて良いのですが、洗浄力が弱く、何度もゴシゴシとこすると、肌を傷めてしまいます。クレンジングの種類は色々ありますが、いずれも一長一短です。からだへの負担を抑えたクレンジングをするには、メイクの落とし方を使い分けていくことが大事です。たとえば目の周辺には、ローションタイプを含ませたコットンでそっと押さえ、ファンデーションには、オイルタイプのものを乗せるなど。またメイクの薄い日は、オイルではなくジェルやミルククレンジングに変えるなど、部位や状態に合わせて臨機応変に使い分けることです。そうすれば、肌への負担を減らすことができます。

 

このタイミングでしっかりとお肌の調子を整えることで、排卵後に起こる顎(あご)ニキビ・しこりの調子の悪さを最小限に抑えることができますよ。

 

パルクレールジェル