カサカサ肌のほうがニキビになりやすい?乾燥肌の原因と治し方

MENU

乾燥肌の方がニキビになりやすいって本当?

乾燥肌とニキビの関係

 

にきびになってしまいやすいタイプの人は、どういった人なんでしょうか。

 

実はにきびになりやすいタイプの肌は、思春期と大人でそれぞれ異なります。

 

思春期でにきびに悩んでいる人の場合、皮脂の分泌する量が多い、オイリー肌の方がにきびができやすいんです。

 

一方、大人ニキビができやすいタイプの人は、乾燥肌である人の方です。

 

お肌が乾燥することと、水分を保持しようとするために、脳には「角質を厚くしよう」という命令を出す性質があります。こうして角質が厚くなることによって、なんと毛穴を防いでしまうのです。

 

毛穴が防がれてしまうと、皮脂がつまりやすくなってしまいます。

 

更にお肌が乾燥することによって、バリア機能が低下してしまいます。そうするとバリア機能を回復させようとして皮脂の分泌を多くするんですね。

 

なので乾燥によって皮脂が過剰分泌してしまいやすく、大人の場合には乾燥肌タイプの人のほうが、ニキビができやすいのです。

 

乾燥肌の原因と治し方

 

肌の乾燥の仕組み

 

「カサカサしてつっぱってしまった・・・」「ファンデーションを塗っても、浮いてきてしまう・・・」

 

そんなことが起こってしまうのは、乾燥肌が原因。ニキビを治す方法として、乾燥肌の改善も大切なことです。

 

ではそんなカサカサの乾燥肌になる原因ってなんなのでしょうか。

 

乾燥肌というお肌の状態は、角質層にある水分量がかなり低下してしまっていて保湿がうまくいっていない状態のことを言います。

 

本来であれば角質層にあるバリア機能によって、もっちりとしたお肌やなめらかなお肌ができあがるものです。

 

ですがバリア機能が様々な要因によって低下してしまって、その状態が継続していると「乾燥肌」と呼ばれます。

 

バリア機能の低下、お肌の乾燥を招いてしまう原因には色々なものが考えられます。

 

例えば、正しくない間違っているスキンケアであったり、栄養バランスがとれていない偏った食生活、加齢、お風呂や暖房などの日々の行動、体質など・・・。

 

その他にも、睡眠不足や体調不良、ホルモンバランスの乱れ、季節的な要因なども考えられます。

 

乾燥肌を治すには正しい肌ケアが欠かせませんが、

 

「肌ケアは完璧!なのに乾燥肌がなかなか改善できない・・・。」

 

そんな人がいれば、食事の内容が影響しているかもしれません。肌にとって口から摂取できる栄養は非常に重要な存在です。

 

肌ケア方法を見直すだけではなく、バランスの良い食事内容で、栄養の不足が起こらないように摂取するのが大切なのです。

 

生命維持に遠い存在である肌は、栄養が不足すればエネルギーの供給が後回しになります。栄養のバランスが崩れると皮脂が過剰に分泌されたり、逆に皮脂の分泌が不足すると言った状況を招いてしまいます。

 

肉や魚のタンパク質などは新しい皮膚の原料となりますし、新陳代謝や基礎代謝にはビタミンが必要です。適度な脂肪も皮膚を守ってくれる皮脂になりますし、様々な栄養素が複合的に肌の調子を整えていてくれるのです。

 

また、老廃物をきちんと排出するためにも便秘は天敵で、解消するためには食物繊維や善玉菌などの摂取が重要です。乾燥肌を治すにはコレ!という決定的なものはなく、あれもこれもしっかり食べましょう。

 

パルクレールジェル