顎ニキビ 痛い

顎周りの痛いしこりニキビ症状

「顎のニキビに、痛いしこりのようなものがある・・・」
「大きいしこりが大量にできてしまった・・・」
「赤くなって、肌が凸凹になっている・・・」

 

顎周りの、触ると痛いしこりニキビで悩んでいませんか?

 

顎周りのニキビは、しこりになってしまいやすく、
「痛い」「かゆい」といった症状に悩んでいる方は数多くいます。

 

「いっぺんに大量にできてしまった」
「大きい、痛いしこりになっている」
「再発を繰り返している」

 

・・・そんな悩みを抱えている方のほとんどは、顎周りのニキビで悩んでいるのです。

 

顎ニキビの痛いしこりの特徴

 

炎症して赤くなっている

顎周りの痛いしこりニキビで悩んでいる人は、
ほとんどの場合、炎症して赤くなってしまっています。

 

なぜ炎症してしまうのかといえば、
毛穴の中に老廃物が詰まって、菌が増殖してしまったから
です。

 

皮脂やホコリ等が毛穴を塞いでしまい、
内部で原因菌となるアクネ菌が繁殖してしまい、炎症が起きてしまうのです。

 

炎症に伴い、「痛い」「かゆい」といった症状があらわれます。

 

そのままにしておくと、毛穴が詰まった状態は解消されないので、
慢性化してしまったり、跡が残ってしまう可能性があります。

 

しこりによって肌に凸凹ができている

炎症して赤くなった顎周りのニキビは、やがて大きいしこりになります。

 

炎症が強くなっているにもかかわらず、
体外に排出されずに膿がたまってしまった結果、
顎周りの大きいしこりニキビになるのです。

 

顎周りの痛いしこりニキビは、放置しておくと、
炎症がおさまっても肌の凸凹が残ってしまうことがあります。

 

さらに、茶色や黒ずんだ紫色の、
色素沈着した跡が残ってしまう可能性もあります。

 

このような、しこりになってしまった顎周りの痛いニキビには、
放置せずにきちんとケアすること、できるだけ触らないようにすることが大切です。

 

顎周りの痛いしこりニキビは、できるだけ触らないことが肝心です。

 

その理由は、毛穴のなかに汚れやホコリ・ばい菌を付けないためです。
手には目に見えない、微細な不純物が付着しています。

 

痛い・かゆいしこりニキビは、ついつい手で触ってしまいたくなります。

 

しかし、それは毛穴の中に不純物を取り入れてしまうことになりますので、
症状が悪化したり、再発してしまう原因となるのです。

 

なお、顎周りの痛いしこりは、肌の奥深くにもぐりこんでいるニキビなので、
潰してしまおうとするのは絶対にやめましょう。

 

皮膚に著しいダメージを与えてしまうことになるからです。

 

顎に痛いしこりニキビができやすい原因

 

顎周りのニキビは、痛いしこりのある状態にまで進行しやすいです。
その原因としては、以下のものが代表的です。

 

汗をかかない

顎周りは、汗腺が少ないため汗をかかない場所です。
ほかのからだの部位と比べて、あきらかに汗をかきにくいのです。

 

顎周りにかぎらず、ニキビの主な原因は毛穴に老廃物が詰まること。

 

汗をかくことができる場所であれば、毛穴から外に老廃物を排出できますが、
こと顎周りに関してはそれが比較的むずかしい
のです。

 

新陳代謝の乱れ

ストレスや疲れなどが原因となって、
新陳代謝のペースが乱れてしまうことが、日常生活でよくあります。

 

その新陳代謝の乱れの影響は、
顎周りに出やすい、という傾向があります。

 

もちろん個人差はあるのですが、その結果が顎周りのニキビ、
ひいては痛いしこりとしてあらわれてしまうことがあります。

 

ホルモンバランスの乱れ

ストレスや疲れ、生理の前後の影響などで、
ホルモンバランスは乱れてしまいます。

 

その結果、皮脂が過剰に分泌されてしまうことがよくあります。

 

皮脂が大量に分泌されてしまうと、毛穴の中で固まってしまい、
アクネ菌の栄養源となって、ニキビや痛いしこりの原因となります。

 

とくに女性であれば、「生理前に顎周りにニキビ、痛いしこりができた」、
という経験を持っている人はたくさんいます。

 

顎周りの痛いニキビ・しこりの治し方

 

「痛い」「かゆい」「大きいしこり」・・・などなど、
顎周りの不快なしこりニキビの治し方は、以下の方法を実践しましょう。

 

毛穴をひらいて洗顔

顎周りの毛穴に詰まっている皮脂やホコリ等の老廃物を、
毛穴をひらいて取り除ける状態にしましょう。

 

洗顔・入浴時には温度の高いお湯で、
しっかり顎周りの毛穴をひらくことが重要です。

 

その状態で洗顔を行い、
老廃物を取り除くことが有効な手段です。

 

保湿のキープ

洗顔・入浴後は、一時的に肌が乾燥してしまっている状態。

 

そのままにしておくと、生体反応として乾燥をやわらげようと、
皮脂が大量に分泌されてしまいます。

 

皮脂が大量に分泌されてしまうと、
毛穴詰まり・アクネ菌増殖の原因となってしまうので、
ニキビ・しこりの再発や悪化の要因となってしまいます。

 

そのため、皮脂が大量に分泌されてしまう前に、
保湿剤で常にうるおいをキープしましょう。

 

また、顎周りのニキビが痛いしこりになっている、という場合は、
肌の奥までニキビが潜り込んでしまっている状態です。

 

そのような場合は、肌の奥までうるおいを届けられるよう、
なおさら浸透力の高い保湿剤が求められます。

 

刺激の少ない保湿剤

極力、刺激のすくない保湿剤を使いましょう。

 

刺激成分が含まれていると、肌へのダメージが蓄積され、
乾燥肌になったり、ニキビ・しこりの症状が悪化してしまいます。

 

界面活性剤などが含まれていない、
ストレスフリーの保湿剤がおすすめです。

 

顎ニキビ・痛いしこり治療に!おすすめケアアイテム

顎周り ニキビを参考にしてください!